作成者別アーカイブ: bocc26000

介護老人福祉施設

●介護老人福祉施設(関係法規 老人福祉法・介護保険法)

特別養護老人ホーム、省略して特養と呼ばれます。入所できるのは、要介護1から5までの人です。要介護1といえば、立ち上がりや歩行が若干不安定で、排せつや入浴などに多少の手助けが必要な人という基準です。少し足腰が弱り、手助けがいる程度ですから、元気な高齢者以外は入居でき、介護サービスを受けることができる施設となります。また、収入の問題などがある場合、老人福祉法の下で要介護認定のない高齢者でも入所できますから、一般的な民間の老人ホームに一番近いイメージです。

高齢者が居住する既存の施設や住宅の種類

高齢者向け賃貸住宅経営のメリットは第1章でご説明しました。は「サービス付き高齢者向け住宅」とはどんなものか、そしてどんな人がその経営に向いているかを説明します。

まずは、「サービス付き高齢者向け住宅」の社会的意義と運営のメリットを理解するために、高齢者の住居の現状について簡単に知っておきましょう。

高齢者を巡る住居環境は、法の改正や変化によって、様々な名称や施設、住宅が混在しています。非常に分かりにくく感じますが、現在、高齢者が居住する住居は、介護保険施設、居住施設、賃貸住宅の3種類に大別できます。 中でも、その約60%を占めているのが、「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の介護保険3施設です。

続く…

高齢者住宅ひまわりについて|生協

不動産投資を始めてから月日が経ち、私もやっとそこそこ儲けられるようになってきました。
これまでも色んな商品の情報を見てきましたが、その中でも思いもしない情報が目に飛び込んできました。
想像通りのインパクトを感じ、多分今までには感じた事のない、成功までの道のりが円滑にイメージすることができました。
ただ、まだ全部は了承できていないので、何度も何度も読み返してみることにしました。
この自分が気にかかる商品の名前は、高齢者住宅です。
商品説明をみる限り今の自分に必要な商品であるとは感じております。しかし本当に有効活用できるものであるかどうかは正直まだわかりません。
誰の商品かと申しますと、販売主のお名前はオレンジコープと言うそうです。
・・・あなたはご存知でしょうか。
今まで夢だと思っていたものを現実へと導き、さらには今後お金に苦労することはなというのにとても魅かれました。
しかし、悪徳の不動産投資業者も存在することも事実です。
過去に何度も同じようなきっかけで商品を買っては失敗の連続で、かなりトラウマになっております。
でも、もしかしたら、求めていた本当の商品に出会えるかもしれません。
このように、高齢者住宅について、他にも気にかかる人もいると思いますので、これについて情報提供したいと思います。

オレンジコープ高齢者住宅は、約25000000~円です。今の私にとっては、簡単に買える値段ではありません。現在、キャンペーン価格で若干下げてます。
買わなければ少なからず失敗はありません。しかし成功もないので、リスクは料金の25000000円位だけだと考え購入することにしました。
個人的にはこの商品には満足しております
高齢者住宅なら達成できるだろう…と思う人も多い気がします。
・・・しかし、現実は、思いがけずスムーズに取り組めており、これならという気持ちになってきています。
おそらくまあまあ稼げて、スキルアップもそこそこできる比較的優良な商品です。
ある意味この商品の存在価値は持っているかもしれませんが、高い価値とは言いすぎかもしれません。
「オレンジコープさん、特に改良するところはありません。」金額も妥当な金額だと思います。
この商品内容であれば、返品・返金制度がないのはそんなものなのかもしれません。
この商品に25000000円位の値打ちがあるかどうかは微妙です。もう少し安くてもいいくらいです。
これを申し込んで成功する確率は、そこそこではあるかと思います。
危険商材である可能性は低いですが、たとえ余裕資金があったとしても購入は慎重になった方がよさそうです。

 

高齢家族社会の実態と高齢者向け住宅

わが国の高齢化は二〇五〇年まですすむと冒頭にのべましたが、これは寿命が延びたということだけではなく出生率の低下、つまり子どもの数の減少と相まって生じる現象です。

厚生省の人口動態統計によれば一九九七年度の合計特殊出生率一人の女性が1生の間に生む平均の子どもの数が過去最低の1.39になったとありましたが、それにともなって見のがせないことは、わが国の世帯を同一にする家族に変化が生じてきていることです。図2-Iは五年ごとに集計される国勢調査の過去一〇年間の世帯内容です。 全体の世帯数はふえているにもかかわらず、、独世帯がふえ、なかでも六五歳以上の高齢世帯がふえてきています。どこに安住の地を求めるかは個人の資産状況や健康状態によって変わると思いますが、最低の自由な生活を確保するにはこのような高齢者住宅があるというのも知っておくと良いでしょう。

仮に生活保護に頼る高齢者となった場合はサービス付き高齢者向け住宅(一例として参照:サ高住おひさま空室状況)が良いでしょう。

仮に余裕ある高齢者になった場合は分譲シニアマンションタイプの高齢者住宅が良いでしょう。

「長寿社会」は「高齢家族社会」という家族世帯の構造変化をもたらし、それによる新たな問題も出てきています。前章にのべましたように「長寿社会」の高齢者の住宅づくりは、住宅の構造や空間や住宅設備機器の最初のステージのあり方を見なおし、そして時や場合に応じて住みやすく手入れしながら快適さを維持していくことですが、これだけでは人生の長い期間(スパン)のなかで「いつでも今が快適であるというには不十分です。

JR160_350A