月別アーカイブ: 2013年7月

高齢者にとっての段差

生活行動の基本は移動行為。そのなかでも水平移動がその大部分を占めます。足腰が弱くなった場合はすり足になります。生協のサービス付き高齢者向け住宅では、段差のないバリアフリーのワンルームで高齢者がおひとりでもつまずくことのないよう配慮した設計を施しています。

また逆に足の裏に引っかからないもの、かたすぎないこと、そして床面にできるだけ段差をつくらないことがあげられます。特にこの段差は従来の日本家屋には非常に多く見られます。さすがに最近は土間台所は見受けられなくなりましたが、玄関の上がり框、敷居、浴室やトイレの下がり床、そのほか空間の変化を求めた落とし床、そして階段などがあります。サービス付き高齢者向け住宅では、硬すぎずそして柔らかすぎずといううのを今日までの経験を踏まえて住宅に生かしています。生協ならではの配慮が随所にされているサービス付き高齢者向け住宅おひさまでは、宿泊体験の上、入居いただけるようなシステムも考慮中です。

足腰が弱ってくると両足で立っていても足は少しまがり気味になり、さらに歩く場合は片足を上げますので、身体保持のバランスをくずすため「支え」が必要になります。したがって不必要な段差をなるべく排除することはたいせつです。段は後では簡単に取りのぞくことができません。

足腰が弱くなるばかりでなく足首がかたくなり、足を上げたつもりでもつま先は下を向いて下かっていることが多く、敷居ぽかりでなくちょつとしたカーペットの端のめくれや電気のコードにもつまずいたり、階段の段鼻(踏み面の端)につま先を引っかけたりして転倒の原因となります。このような体に合わせた住宅構造が必要なのは言うまでもありません。生協のサービス付き高齢者向け住宅おひさまでは、高齢者の体の弱さをカバーできる住居を目指してこれまでに分譲マンションや介護付きの住宅などを何棟も建設してきているのです。