階段/サービス付き高齢者向け住宅の場合

都市住宅では二階に個室がある場合が多く、一日になん回も階段を使用しますが、床面積の都合上、幅や勾配にしわ寄せがきている住宅もけっして少なくありません。一般にお年寄りは一階を中心にと考えがちですが、自分の住まいのなかでは、できるだけどこへでも行動できることが大事です。また少々体が弱くなり外出が少なくなった人にとって家のなかでの移動はリビリ代わりにもなります。サービス付き高齢者向け住宅ではこのような配慮は必要なく一部屋に一人で入居されるので、バリアフリーの中暮らしていけます。サービス付き高齢者向け住宅では介護する場でもあるので、このような配慮も大事です。

サービス付き高齢者向け住宅ではない普通の家庭では、二階のほうが静かで落ちついた部屋になるでしょう。そのためにも使いやすい階段は重要です。

巾階段の形状

サービス付き高齢者向け住宅では見られない直階段以外では体のむきを変えながら上り下りすることになります。「踊り場」は階段途中で体のむきを変えるところです。ここをフラットにするのが望ましいのですが、スペースの制限上、踊り場を設けずに、段をつけ、まわりながら上り下りする階段が多いようです。この場合でも三段まがりはさけて二段まがりとします。

このような階段は体が動きにくくなりつつある高齢者などには使いづらい場合が多いでしょう。また、踏みはずした場合に被害が大きくなりますので、まがり部は階段上部にはもってこないようにします(次ページ図1j8)。四段まがり階段の割りつけの適正形状について階段昇降実験を行って調べましたので、紹介します。

実験に協力してくださった被験者は健常な高齢者、男性五名(平均年齢七一・四歳)、女性五名(平均年齢七一二(歳)でした。次ページ図1-9のような六タイプのまがり段部の形状が異なる階段の昇降を行い、官能評価で判定を行いました。その結果②のタイプが歩きやすいという評価になりました(次ページ図10)。

これを踏まえてさらに、①の均等割(四五度、四五度)と、官能評価で一位の②の変則割(六〇度、三〇度)の二例の階段の歩行動作のちかいを詳細に分析しました。サービス付き高齢者向け住宅へ一度見学にいらしてください。普通の家庭生活との違いが理解いただけると思います。