高齢者が居住する既存の施設や住宅の種類

高齢者向け賃貸住宅経営のメリットは第1章でご説明しました。は「サービス付き高齢者向け住宅」とはどんなものか、そしてどんな人がその経営に向いているかを説明します。

まずは、「サービス付き高齢者向け住宅」の社会的意義と運営のメリットを理解するために、高齢者の住居の現状について簡単に知っておきましょう。

高齢者を巡る住居環境は、法の改正や変化によって、様々な名称や施設、住宅が混在しています。非常に分かりにくく感じますが、現在、高齢者が居住する住居は、介護保険施設、居住施設、賃貸住宅の3種類に大別できます。 中でも、その約60%を占めているのが、「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の介護保険3施設です。

続く…